資本金

通帳会社設立の費用は法定費用や資本金などが必要になってきます。そして、資本金の詳細についても、会社設立の際にはしっかりと確認しておきたいところです。資本金なのですが、1円からの株式会社や合同会社も認められているため、自分である程度自由に設定できる部分です。しかし、資本金というのは自由に決めて良いお金でもないことがわかります。しっかりとした基準に基づいて、設定したいのが資本金なのです。そして、資本金を設定する目安のようなものがあるので、それを参考に資本金を決めていくのが良いでしょう。

株式会社を設立する場合の資本金について確認してみると、300万円~500万円あたりを資本金として設定する会社が多くなっています。これは適当に決めているわけではなく、しっかりと内訳があります。まず初期費用に加えて、3カ月程度の運転資金です。また、資本金は取引先などの規模によっても異なってきて、しっかりと確認して調整しなければなりません。

さらに、消費税の免税期間を考慮する考え方もありますし、創業融資などにも関係してきます。このように資本金については、何も考えずに決めれば良いというわけではないので、十分に注意しましょう。

【関連記事】
開業費とは
電子定款