電子定款

会社設立の際は、電子定款を利用することによって、印紙代を節約することができます。しかし、印紙代を節約できるからといって、印紙代分すべてが節約できるわけではありません。電子定款をする場合には、専門の機器が必要になってくるのです。会社設立のプロならば、これらの機器を持っているのが当たり前ですが、自分で会社設立を行う場合には、もっていないと考えるのが普通です。電子定款にはどんな機器が必要になってくるのかを紹介するので、ぜひ確認してみるとよいでしょう。

パソコンまず、紙で作成した定款をPDFにするためにソフトが必要になってきます。ソフトを購入すると数千円程度の出費になってしまいます。また、電子定款ではオンライン上で電子署名する必要があり、そのためのシステムも必要になってきます。これは無料でダウンロードすることができます。

さらに、利用者クライアントソフトも必要です。これは電子証明書を利用するためのソフトで、こちらも無料でダウンロードできます。ICカードリーダーも必要になりますが、これはマイナンバーカードを読み取るのに必要であり、数千円程度で購入できます。このように電子定款は専用の機器がない場合は、無料にはならないのです。

【関連記事】
開業費とは
資本金